心待ちの聖火ランナーがっかり 「延期になっても走りたい」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
潟上市役所に展示された聖火トーチ
潟上市役所に展示された聖火トーチ

 秋田県ルートを走る日を心待ちにしていた聖火ランナーらはがっかりした様子。「走りたかったが、この状況では仕方ない」などの声が上がった。県内では6月9、10の両日にランナーによるリレーが行われる計画だった。

 能代市でのリレーを控えていた近藤貴之さん(34)=八郎潟町=は「ランナーに選ばれた事実は変わらない。延期になっても走る権利があれば走りたい」と語る。野球の審判員を務めているが、新型コロナウイルスの感染拡大で、試合は軒並み中止になっているという。「寂しい春に拍車がかかりそう」

(全文 721 文字 / 残り 481 文字)