吹奏楽部が題材 マーチング強豪校の大曲中に絵寄贈

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
寄贈を受けた大曲中の沢屋校長(右)と加藤教諭
寄贈を受けた大曲中の沢屋校長(右)と加藤教諭

 秋田県大仙市の日本画家・山田美知男さん(41)がマーチングの強豪校、大曲中学校吹奏楽部を題材にした作品「幕あけ」を完成させ、同校に先月寄贈した。山田さんは長女(16)が同部出身で、次女(14)も現在所属する縁から描いた。

 作品は縦約2・2メートル、横約1・7メートルの大型。水色や紫の旗を携えたカラーガード、トランペットを抱えた音楽隊が出番を迎えて薄暗い舞台袖から出て行く様子を、岩絵の具(鉱物粉)を使って表現している。

(全文 794 文字 / 残り 583 文字)

秋田の最新ニュース