巣立ちを迎えて:卒業式に出られなかったPTA会長

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
自身のブログに祝辞の文章を公開した秋田高PTA会長の長谷川さん
自身のブログに祝辞の文章を公開した秋田高PTA会長の長谷川さん

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、保護者や在校生、来賓らの参加を取りやめ、規模が縮小された秋田市内の公立小中学校、高校の卒業式。出席できなかったPTA会長はどんな祝辞を贈ろうとしたのか。式では読み上げることができなかったメッセージに込めた思いを聞いた。

 ◇  ◇

 「まったく日の目を見ないのはどうも据わりが悪いので」。秋田高校OBで、PTA会長の長谷川敦さん(46)は卒業式当日の1日正午すぎ、自身のブログを更新し、祝辞の文章を公開した。

 PTA会長経験者からのアドバイスを基に、「自分の子どもに語りかけたいこと」を主眼に置いてまとめたという。祝辞は式の前日に学校に届け、代読された。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1327 文字 / 残り 1032 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース