セクハラ行為、県職員を懲戒処分 酒席で体触る

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は25日、部下である女性職員の体を触るセクハラ行為をしたとして、県央部の出先機関の男性課長(51)を同日付で減給10分の1、6カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 県人事課によると、この男性課長は昨年9月、秋田市内の飲食店で開いた職場有志の酒席で、女性職員の髪や背中を触ったり、体を引き寄せたりして精神的な苦痛を与えた。

(全文 376 文字 / 残り 214 文字)