新学期、予定通り再開 県教育庁通知、換気や検温徹底求める

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 県教育庁は25日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための小中学校、高校、特別支援学校の一斉休校を巡り、4月から教室の換気や毎朝の検温といった対策を徹底した上で学校を再開すると発表した。再開に関する留意点をまとめた文部科学省の通知を踏まえた対応。県立学校の入学式は新入生と保護者、教職員のみの参加とする。

 文科省は24日、春休み明けの学校再開に向け、具体的な感染症対策を盛り込んだ指針を都道府県教育委員会に通知。再開の条件として「換気の悪い密閉空間」「多くの人が密集」「近距離での会話や発声」という三つの環境が重なるのを徹底して避けるよう要請した。

(全文 694 文字 / 残り 419 文字)