社説:国の学校再開指針 入念な感染防止対策を

お気に入りに登録

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で一斉休校が続いている小中高校などについて、文部科学省が4月からの再開に向けた指針を都道府県教育委員会などに通知した。学校現場は入念な感染防止対策を行い、子どもたちにとって安全・安心な学習環境づくりに力を尽くしたい。

 指針は専門家会議の提言を踏まえて「換気の悪い密閉空間」「人の密集」「近距離での会話」の3条件がそろう場面を徹底して避けるよう求めた。具体的な対策として教室の換気やマスクの着用、毎朝の検温、ドアノブの消毒などを挙げている。これらは集団感染を避けるために欠かせない。

 学校で子どもたちがおしゃべりをしたり、遊びの中で触れ合ったりするのはごく自然なことだ。そんな子どもたちの休み時間や放課後、登下校時にまで教職員の目を行き届かせるのは大変な苦労を伴うだろう。

 対策が求められているのは授業に限らず、給食や部活動、入学式などの学校行事にも及んで幅広い。さらに供給不足のマスクや消毒液の確保も現状では難しい。学校に全てを任せるのではなく、地元教委や地域、家庭の協力が求められる。

 休校による学習の遅れを取り戻すのも頭の痛い問題だ。指針は補習授業や家庭学習による対応を挙げているが、そう簡単ではない。夏休みの短縮や土曜日の授業実施なども視野に入ってくるだろう。

 再開後に子どもや教職員が感染した場合、指針は感染者と濃厚接触者の出席停止措置を求めている。ただその際、臨時休校などについては自治体と相談の上で判断するとしている。

 感染拡大の深刻さは都道府県によって大きく異なる。学校現場の対応が全国一律である必要はない。本県にあっても基本的な感染予防策さえ十分なら、市町村ごと、または学校ごとに柔軟な対応があってもよいのではないか。

 学校規模の大小によって、学習環境や学校行事のありようは一様ではない。そうした違いを踏まえた上で、再開後の学校運営を地元教委や地域とともに検討していくことも必要だ。

 今月上旬からの全国一斉の休校は子どもや子育て世帯への配慮不足が指摘され、行き場を失った子どもが少なからず出た。1人で留守番するなどつらい思いをした低学年児童には十分な心のケアをしてやりたい。

 学校再開時、特に注意が必要なのは家族や身近な人が感染したり、本人が感染したりした子どもがいる場合だ。感染がもとになって、いじめに遭うようなことがないようにしっかりした目配りが不可欠だ。

 一斉休校と春休みを合わせ長期間にわたって学校を離れていた子どもたちがもうすぐ登校する。多くの困難を乗り越え、念入りな迎え入れ準備を進めることが、久々に顔をそろえる子どもたちの元気につながる。

同じキーワードのイベント情報

秋田の最新ニュース