聖火リレー中止でも…トーチの県内巡回続く

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大潟村役場に展示されている聖火トーチ
大潟村役場に展示されている聖火トーチ

 東京五輪の聖火リレーで使用されるものと同形のトーチを披露する県内の巡回展示は、25日以降も引き続き行われる。今月2日の湯沢市を皮切りにリレーが行われる14市町村を順番に巡る予定で、25日は9市町村目の大潟村で展示された。

 同村役場正面入り口脇では午前8時半から展示が始まった。トーチは高さ71センチ、重さ1・2キロ。東日本大震災の仮設住宅の廃材を再生したアルミニウムを使っており、大会のロゴマークが刻まれている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 388 文字 / 残り 181 文字)

秋田の最新ニュース