秋田大、授業開始を繰り下げ 学生に2週間健康観察求める

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田大学は25日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2020年度の授業開始を当初の予定より12日繰り下げ、4月20日とすることを発表した。感染予防対策も強化し、授業開始前に全学生へ2週間の健康観察を求める。

 大学によると、元々は4月8日の開始を予定していたが、新型コロナの感染拡大を受けて学内で対応を協議し、予防対策を取った上で20日から授業を始める方針を決定した。

(全文 417 文字 / 残り 232 文字)