前期選抜を「特色選抜」 県内高校入試、23年度から新制度

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県教育庁は26日、2023年度県内公立高校入試から適用する新制度を発表した。現行では1月に実施している前期選抜を「特色選抜」に改め、3月に行う一般選抜と同じ日程、試験問題で実施する。今年4月に入学する中学生の受験時から適用される。

 新制度の仕組みは県教育庁が1月に示した素案と同じ内容。3教科の学力検査と面接を行う現行の前期選抜(1月)、5教科と面接を課す一般選抜(3月)の日程を統一し、3月上旬の同じ日に1次募集として特色、一般の2種類の選抜を実施。受験生に同じ5教科の学力検査と面接を課す。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 475 文字 / 残り 225 文字)

秋田の最新ニュース