県内で就職面接会、採用ガイド本作成 外国人雇用支援強化

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
外国人雇用サポートデスクが設置されている県行政書士会事務所=秋田市山王
外国人雇用サポートデスクが設置されている県行政書士会事務所=秋田市山王

 秋田県と秋田労働局は、県内企業の人手不足解消に向け、「秋田県外国人雇用に向けた政策パッケージ」を策定した。外国人を対象とした就職相談や面接会の県内初開催や、農業・介護分野の雇用促進に取り組む方針だ。

 秋田労働局によると、2019年の県内有効求人倍率は1・48倍で、過去最高だった18年に次いで高く、人手不足が顕著だ。一方、19年10月末時点の県内外国人労働者数は2203人、外国人を雇用する事業所数は486カ所。いずれも6年連続で全国最少だった。

(全文 883 文字 / 残り 659 文字)