県内で新たなコロナ感染者 由利本荘のALT2人【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は27日、いずれも由利本荘市の外国語指導助手(ALT)の20代女性と30代男性の2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内3人目と4人目の感染確認となる。国籍については、外国籍としか明らかにしていない。2人は今月、県内の同僚ALTと共に仙台市に滞在。帰県後に発熱などの症状を訴え、陽性と判明した。2人とも重症化していない。

 27日午後10時半から佐竹敬久知事、諸冨伸夫・県健康福祉部長と共に記者会見した米田進・県教育長は、2人が帰県後、それぞれ勤務先の学校に行っていたと説明。「子どもと接触したということはないが、職員とは何らかの形で接触している可能性がある」と述べた。学校にいた職員がその後、子どもと接触していたかどうかを調べる考えを示した。

 県によると、感染した2人を含むALT8人が今月19日、車2台で仙台市へ出発。22日まで滞在した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 853 文字 / 残り 474 文字)

秋田の最新ニュース