Bリーグ目指し三重で新チーム 男子バスケ、既に10選手集まる

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
男子バスケットボールのチームを発足させると発表したヴィアティン三重の後藤大介代表(右から3人目)と選手ら=27日、三重県桑名市
男子バスケットボールのチームを発足させると発表したヴィアティン三重の後藤大介代表(右から3人目)と選手ら=27日、三重県桑名市

 三重県のスポーツクラブ、ヴィアティン三重が27日、男子バスケットボールのチームを発足させると発表した。今後は2年後のBリーグ参入を目指す。来年の三重国体後、チームがない県内で選手の受け皿をつくることなどが創設の理由。既に元プロを含む10選手が集まっているという。

 クラブは男子サッカーが日本フットボールリーグ(JFL)に参加し、Jリーグ入りを目標にしている。男子バレーボールはVリーグ2部に所属している。

 記者会見した後藤大介代表は「今ある他のスポーツチームの運営ノウハウを生かしていく。地元でスポーツを見るという感覚が生まれるきっかけになれば」と話した。

同じジャンルのニュース