世界陸上、2022年に変更も 五輪延期で柔軟に協力

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2019年9月に行われた世界陸上の女子マラソン=ドーハ(共同)
2019年9月に行われた世界陸上の女子マラソン=ドーハ(共同)

 世界陸連のセバスチャン・コー会長(63)は27日、東京五輪の1年程度の延期により、来年8月に米オレゴン州で開催予定の世界選手権について「柔軟性が重要だ」と話し、必要に応じて2022年に日程を変更する意向を明らかにした。共同通信などとの電話形式インタビューで述べた。

 12年ロンドン五輪を大会組織委員会会長として成功に導いたコー氏は、新型コロナの感染拡大で五輪延期を決めたIOCの判断を全面的に支持。五輪の新たな日程調整で協力姿勢を強調した。世界選手権を22年大会に移行した場合、23年大会(ブダペスト)との2年連続開催でも「対応は可能だ」との認識を示した。