C型肝炎、飲み薬で「治せる時代」 県が助成、検査は無料

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
C型肝炎に関する県のリーフレット。治療や検査について説明している
C型肝炎に関する県のリーフレット。治療や検査について説明している

 治療せずに放置すれば、肝硬変や肝がんに進行する恐れがあるC型肝炎。副作用の強い注射薬を使う治療に代わり、副作用の少ない飲み薬だけでウイルスを消す治療が主流となり、「治せる時代」を迎えたと言われる。秋田県は医療費を助成し、治療をサポート。専門家は「前向きに治療に取り組んでもらいたい」と呼び掛ける。

(全文 1103 文字 / 残り 954 文字)