地方点描:応援する会[男鹿支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 男鹿市を中心に撮影が行われた映画「泣く子はいねぇが(仮)」が、16日にクランクアップした。秋田市出身の映画監督佐藤快磨(たくま)さん(30)の商業デビュー作品で、仮タイトルからも分かるように「男鹿のナマハゲ」が題材となっている。

 撮影には多くの市民が協力した。中でも有志でつくった「佐藤監督を応援する会」は、構想段階から5年近くにわたって「ナマハゲの映画を撮りたい」という佐藤監督を支えた。撮影開始後は頻繁に製作スタッフと情報交換し、早朝から深夜まで現場に立ち会って交通整理や出演者の送迎といった雑務をこなした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 632 文字 / 残り 375 文字)

映画「泣く子はいねぇが(仮)」のロケを支えた地域の様子を伝えています。

秋田の最新ニュース