佐竹知事「大都市圏との往来避けて」 県民に呼び掛け

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 東京などを中心に新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、佐竹敬久知事は27日夜の会見で「首都圏や大都市圏との不要不急の往来を避けていただくよう強くお願いする」と県民へ呼び掛けた。

 佐竹知事は「感染者は大都市を中心に継続的に増加し、東京では感染経路の分からない感染者が多く確認されている」と指摘。県民がこうした地域に出向くことで「県内での感染拡大につながりかねず、それを発端として大規模な流行となる可能性がある」と危機感を示した。

 また、密閉空間、人の密集、近距離での会話という三つの条件が重なる場所を避けるよう改めて強調。「若い人たちは感染していても発症しないことがある。人混みへの外出を避けるなど特に慎重な行動をしてほしい」と話した。