ネギとキャベツの園芸メガ団地 能代山本の3地区に整備

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は2020年度、能代市と八峰町、三種町の3地区で園芸メガ団地の整備支援に取り組む。八峰町と三種町では整備第1号となるほか、能代山本地域のメガ団地では初めてネギ以外の品目となるキャベツの生産も始まる。

 国、県、市町の補助金を活用し、21年度までに整備を完了する予定。いずれも整備完了から3年後に、年間販売額を3千万円以上とすることを目標に掲げる。

(全文 651 文字 / 残り 475 文字)