始業式など時間短縮、由利本荘市 外国語助手コロナ感染

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県由利本荘市の外国語指導助手(ALT)2人が新型コロナウイルスに感染したことを受け、市教育委員会は29日、小中学校の始業式や入学式の時間を短縮して行うと発表した。入学式に保護者の出席は認める。また、感染したALTが仕事のため滞在した小中学校の教職員について、小学校はあす31日まで、中学校は7日まで自宅待機とした。市対策本部(本部長・長谷部誠市長)と協議して決定した。

 それぞれの式では、在校生による演奏などを取りやめたり、校長のあいさつを簡素化したりして時間を短縮する。入学式は例年1時間ほどだが、約30分となる見込み。来賓は招かない。大規模校の場合、各校の判断で在校生の出席者を少なくすることも検討する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 485 文字 / 残り 178 文字)

秋田の最新ニュース