角館の桜まつり中止、新たな感染受け 実行委、苦渋の決断

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
見頃を迎え、国内外からの観光客でにぎわった昨年の角館の桜まつり=2019年4月23日
見頃を迎え、国内外からの観光客でにぎわった昨年の角館の桜まつり=2019年4月23日

 秋田県内で新たな新型コロナウイルスの感染者が出たことを受け、仙北市などでつくる角館の観光行事実行委員会は29日、規模縮小して開く予定だった「角館の桜まつり」(4月20日~5月5日)の中止を決めた。武家屋敷通りのシダレザクラと桧木内川堤のソメイヨシノを合わせてPRする現在の形の桜まつりは1960年代半ばには始まっており、実行委に記録はないが、中止は初めてとみられる。

 実行委によると、桜は公道や河川敷にあることから、花見は禁止しない。座り込んでの観賞や宴会は自粛してもらい、市職員や警備員が巡回して声を掛ける。武家屋敷通りの車両通行を禁止する交通規制は行わない。夜間の安全対策のため、武家屋敷通りと桧木内川堤で夜桜をライトアップする。

 県内で男女2人の感染が確認されたことから、実行委は市役所中町庁舎で緊急会議を開催。出席者全員の一致で中止を決めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 859 文字 / 残り 483 文字)

秋田の最新ニュース