仙台の男女も感染 由利本荘のALT2人と同席

お気に入りに登録

 仙台市は29日、私立学校に勤める外国籍の30代女性教諭と、日本人の30代男性会社員の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。2人とも市内の感染症指定医療機関に入院中で、重篤な状態ではないとしている。宮城県の感染確認は計4人となった。

 市によると、男女は20日夜に仙台市の飲食店「HUB仙台一番町四丁目店」で食事をし、秋田県で27日に感染が確認された由利本荘市の外国語指導助手(ALT)2人を含むグループと立ち話をした。女性は翌21日夜から22日未明にかけても、秋田のグループと同じ店で食事をしたという。女性は24日にせきやのどの痛みを訴え、29日に陽性と判明。男性は25日に発熱した。

(全文 385 文字 / 残り 90 文字)