新型コロナ、秋田駅や空港も閑散 例年は年度替わりで混雑

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
閑散としたJR秋田駅中央改札口=29日午後0時半ごろ
閑散としたJR秋田駅中央改札口=29日午後0時半ごろ

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、首都圏の自治体が相次いで不要不急の外出や往来の自粛を求めた週末。例年なら混雑する年度替わりにもかかわらず、秋田県内の駅や空港に人の姿はまばらで、秋田新幹線こまちや飛行機は空席が目立った。不安を抱えて首都圏に向かう人、感染を広げかねないジレンマに悩みつつ帰省した人もいた。

 29日午後0時半ごろ、秋田市のJR秋田駅中央改札口。到着したこまちから降りた客は少なく、出迎える人もわずかだった。旅立つ家族を見送る人の中には、手を振りながら「コロナに気を付けてね」と言う人もいた。

(全文 1097 文字 / 残り 843 文字)