半世紀経て「仏流し」再現 わら細工流す、春彼岸行事

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
わら細工に火を付けて流した春彼岸行事「仏流し」
わら細工に火を付けて流した春彼岸行事「仏流し」

 秋田県北秋田市の七日市公民館(佐藤和博館長)はこのほど、市内で約50年前まで続いた春彼岸行事「仏流し」を再現して行った。公民館のわら細工講座の一環で、地元に住む講師らは「昔を思い出した。来年以降も続けていきたい」と話した。

 わら細工講座の最終日だった24日、講師を務める同市七日市の宮腰進さん(79)と長岐一男さん(80)や、地元の小中学生ら計21人が参加して仏流しを実施。バーナーで火を付けたわら細工約11個を、同市七日市字横渕の河原から小猿部川に一つずつ流した。

(全文 627 文字 / 残り 393 文字)