仁部富之助の功績をDVDに コメ品種改良、野鳥研究に尽力

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
仁部富之助
仁部富之助

 神岡小学校(秋田県大仙市神宮寺)の学区住民でつくる学校支援地域本部は、同市でコメの品種改良や野鳥研究に取り組んだ仁部富之助(1882~1947年)の功績を紹介する映像を作った。DVDを市内の小中学校や公民館などへ配り、活用してもらう。

 由利本荘市岩城地域生まれの仁部は、大仙市花館にあった農商務省農事試験場陸羽支場に勤務。コメの品種改良を進め、あきたこまちなどの基となった「陸羽132号」の開発に携わった。退官後は一帯での鳥類研究をライフワークとし、著書「野の鳥の生態」にまとめた。

(全文 486 文字 / 残り 244 文字)