くりたの挑戦(3)進路 生徒の自立へ開拓に力

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
魚をおろす練習をする中野さん=秋田市添川の秋田温泉さとみ
魚をおろす練習をする中野さん=秋田市添川の秋田温泉さとみ

 きりたんぽ鍋や稲庭うどんなどを宿泊客へ提供する「秋田温泉さとみ」(秋田市添川)の調理場で昨年4月から、栗田支援学校環境・福祉科の卒業生、中野辰哉さん(19)が働いている。

 料理が好きで、職業科のある栗田支援学校へ入学した。学校での「ランチくりた」の運営などを通し、飲食業を一生の仕事にしたいとの思いを固めた。秋田温泉さとみでは2回の職場体験を行った。3年生になり、内々定を得た後も研修を受け、仕事の基本を学んだ。現在は料理の盛り付けや仕込みを担当している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1169 文字 / 残り 940 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース