刺巻水ばしょう祭りも中止、仙北市 新型コロナで次々と

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昨年の「刺巻水ばしょう祭り」会場
昨年の「刺巻水ばしょう祭り」会場

 秋田県仙北市は30日、新型コロナウイルスの感染防止のため、同市田沢湖の刺巻湿原で4、5月に開かれている「水ばしょう祭り」が今年は中止となったと発表した。「角館の桜まつり」(同市角館町)、「かたくり群生の郷(さと)」(同市西木町)と合わせた同市の春の観光キャンペーン「あきた花紀行」は全て中止となった。

 市によると、国道46号沿いに広がる刺巻湿原は、広さ約3ヘクタールに約6万株のミズバショウが自生する。毎年4、5月に住民でつくる実行委員会が祭りを開催してきたが、今年は出店やイベントを中止した。一方で木道がある湿原内を散策する観光客の安全対策として、4月11~30日の土日祝日に、駐車場や会場出入り口などに警備員や住民ボランティアを配置する。

(全文 477 文字 / 残り 155 文字)