仙台の飲食店でクラスターか 由利本荘ALT滞在、計5人感染

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県は30日、新型コロナウイルスに感染した由利本荘市の外国語指導助手(ALT)2人が飲食した仙台市の店について、クラスター(感染者集団)が発生した可能性が高いとの見方を示した。2人を含め、この店を訪れて感染が確認されたのは5人に上っている。

 30日に開かれた県新型コロナウイルス感染症対策本部会議の後、諸冨伸夫・県健康福祉部長が報道陣に述べた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 504 文字 / 残り 330 文字)

秋田の最新ニュース