【新型コロナ】自衛隊員感染の発表、行政の対応が迷走

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市役所(資料写真)
秋田市役所(資料写真)

 秋田駐屯地自衛官の感染を巡っては、事案の公表について行政の対応が迷走した。

 秋田市は30日午後8時45分すぎ、「新型コロナウイルス感染症の発生について」と題した文書を報道各社にファクス。報道対応については「防衛省において記者発表する予定」と記した。記者が市に取材対応を求めると、「自衛官の感染は防衛省が一括して答えるという文書が県に届いている」という回答だった。

 その後、防衛省が事案を公表。同省担当者は取材に、「秋田市に報道対応しないよう求めてはいない」と答えた。

(全文 389 文字 / 残り 155 文字)