勤務中に公用車で帰宅、1年間続ける 由利本荘市職員を停職

お気に入りに登録

 秋田県由利本荘市は30日、約1年にわたり勤務時間中に公用車で帰宅していた大内総合支所建設課の男性職員(47)を停職6カ月の懲戒処分とした。指導監督を怠ったとして、同支所長を含む上司3人を戒告処分とした。

 市総務課によると、男性職員は勤務時間中に自宅で過ごした121時間分の給与約25万円を市に返還し、同日付で依願退職した。

(全文 241 文字 / 残り 79 文字)