【コロナ感染】秋田駐屯地の自衛隊員、濃厚接触者は20人

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 30日に陸上自衛隊秋田駐屯地(秋田市)の20代男性隊員が新型コロナウイルスに感染していると確認されたことに関し、河野太郎防衛相は31日の閣議後会見で、濃厚接触者は秋田駐屯地の隊員20人と明らかにした。既に敷地内で隔離しており、このうち13人について、秋田市保健所がPCR検査を実施中。河野氏は、この20人の他に感染者がいなければ駐屯地の活動に支障は出ないという認識を示し、「感染をなるべくここで阻止したい」と述べた。

 防衛省によると、感染した隊員は31日午前に秋田市内の感染症指定医療機関に入院した。嗅覚・味覚の違和感はあるが、発熱やせきなどの症状はない。

(全文 632 文字 / 残り 353 文字)