コロナ不安で求人減少、2年6カ月ぶり低水準 2月の県内

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田労働局は31日、2月の県内有効求人倍率(季節調整値)が前月より0・04ポイント下回る1・39倍になったと発表した。1・4倍を下回るのは2017年8月以来2年6カ月ぶり。新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、製造業や卸売・小売業を中心に求人数が減少した。

(全文 314 文字 / 残り 183 文字)