光熱費など1500万円滞納 大館市教委、職員を減給処分

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県大館市教育委員会は31日、学校教育課の男性主事が小学校17校分の電気、ガス、電話代など運営経費計1501万2577円を滞納し、一部に延滞料金が発生したと発表した。同日付で主事を減給10分の1、2カ月の懲戒処分としたほか、上司の課長ら3人を厳重注意とした。

 市教委教育総務課によると、滞納があったのは19年10月から20年2月にかけて。主事は115件の料金について期限を過ぎても支払わず、このうち6件で延滞料金1万7621円が発生した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 385 文字 / 残り 164 文字)

秋田の最新ニュース