絵手紙カレンダー患者や家族癒やす みなと市民病院に掲示

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
自作のカレンダーを手にする石川さん
自作のカレンダーを手にする石川さん

 男鹿みなと市民病院(秋田県男鹿市船川港船川)の院内に、季節の花々などを描いた絵手紙付きのカレンダーが掲示されている。同病院の元准看護師、石川ふみ子さん(70)=同市戸賀加茂青砂=が15年ほど前からボランティアで作り続けているもので、優しい絵柄が患者や家族らに好評だ。

カレンダーは1階総合受付横の処方箋ファクスコーナーに掲示。2カ月ごとのカレンダーと絵手紙が組み合わさっており、3、4月分はひな人形と桜、フクジュソウ、ポピーが描かれている。

(全文 697 文字 / 残り 477 文字)