五輪延期も変わらぬ目標「金メダル」 ナガマツ、チーム復帰

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
感染予防のマスクを着用し、報道陣と距離を取って取材に応じる永原(左)と松本
感染予防のマスクを着用し、報道陣と距離を取って取材に応じる永原(左)と松本

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月中旬から自主トレーニングをしていた北都銀行の永原和可那(24)、松本麻佑(24)の両選手が1日、チームの練習に復帰した。

 報道陣の取材に応じた二人は1年延期となった東京五輪について「金メダルというのは変わらない。ぶれずに頑張りたい」と決意を語った。五輪延期が決まってから公の場に出るのは初めて。

(全文 689 文字 / 残り 521 文字)