「現地見て新屋ぼつにして」 佐竹知事、防衛相に注文

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
河野太郎防衛相(左)と佐竹敬久知事
河野太郎防衛相(左)と佐竹敬久知事

 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画を巡り、河野太郎防衛相が今月に来県する方向で調整していることについて、佐竹敬久知事は1日の記者会見で、「大臣にしっかり現地を見てもらいたい」と述べ、配備候補地とされてきた陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)を視察するよう改めて求めた。その上で「新屋をぼつにする根拠、これを大臣にしっかり認識してもらいたい」と強調した。

(全文 410 文字 / 残り 226 文字)