MLB傘下マイナー指導者が感染 54歳、人工呼吸器必要

お気に入りに登録

 【ニューヨーク共同】米大リーグ、アスレチックスの傘下のマイナーで指導者を務める54歳のウェブスター・ギャリソン氏が新型コロナウイルスに感染し、地元ルイジアナ州の病院で治療を受けていると3月31日、AP通信が報じた。人工呼吸器が必要な状態だという。

 ギャリソン氏は昨季1Aの球団で監督を務め、今季はアリゾナ秋季リーグで指揮を執る予定。現役時代は内野手で1996年にアスレチックスで5試合に出場した。

同じジャンルのニュース