地方点描:淡い期待[能代支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 白神山地の土壌から採った微生物の酵素に、心不全や高血圧の治療効果がある―。八峰町滝の間の辻正英さん(67)は、秋田大の久場敬司教授や県総合食品研究センター(秋田市、県総食研)などのグループによる研究成果の記事を見て、役場職員だった1996年ごろに採った土のことを思い起こした。

 辻さんは森林体験学習などを支援する「森の案内人」を務め、白神の地理に詳しい。当時、八郎湖の浄化に使える菌を探していた野生酵母の研究者、故小玉健吉さん=潟上市出身=から土の採取依頼が舞い込んだ。営林署などの許可を得て世界遺産の緩衝地域手前の山林に入り、水気がある、倒木のそばにあるといった条件に合う土を集めて送った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 631 文字 / 残り 334 文字)