社会減と向き合う:ジェイテクト 人材確保の激化契機

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2017年、秋田市に設立されたジェイテクトIT開発センター秋田
2017年、秋田市に設立されたジェイテクトIT開発センター秋田

 「秋田は人材確保の面で全く問題ない。大丈夫だ」

 2017年7月、トヨタ自動車グループの自動車部品・工作機械大手ジェイテクト(名古屋市)の役員会で、監査役だった嵯峨宏英さん(69)=男鹿市出身、愛知県豊田市在住=が口を開いた。

 同社は高度な運転支援や自動運転化に対応する自動車部品関連ソフトウエアの需要の高まりを受け、16年ごろから地方への開発拠点設立を計画。会長や社長らが顔をそろえた役員会は、秋田進出を決める場だった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1163 文字 / 残り 952 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース