手作りマスク、2117枚集まった 県内福祉施設に提供へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
マスク100枚を受け取る岩村施設長(右)
マスク100枚を受け取る岩村施設長(右)

 秋田市八橋南のコンサルティング会社「ALL―A(オール・エー)」(末廣健二社長)が、福祉施設などに提供するため市民が手作りしたマスクを買い取ったところ、3月16日から31日までに目標の千枚を上回る2117枚が集まった。

 同社は新型コロナウイルスの流行でマスク不足に困っている施設に届けようと企画した。マスクを作る生地やゴムひもなどの材料、型紙を協力者に提供。市内外の65人がマスク作りに参加し、同社が1枚100円で買い取った。現在、社員が煮沸消毒や袋詰めなどの作業を行っている。

(全文 397 文字 / 残り 157 文字)