知事「国会議員は生活感ない」 1人10万円給付要望

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久・秋田県知事
佐竹敬久・秋田県知事

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急経済対策として、政府が検討する現金給付に関し、佐竹敬久・秋田県知事は1日、所得制限を設けずに「1人当たり10万円」とするのが望ましいと主張した。

 佐竹知事は県庁での記者会見を終えた直後、報道陣を前に「自分だったら1人当たり10万円配る。金持ちにもやる」と発言。所得制限を設ける方向で検討中の政府に異論を唱えた。

(全文 429 文字 / 残り 253 文字)