大館・由利本荘管内でコロナ感染 男性研修医と10代女性

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
会見する福原大館市長
会見する福原大館市長

 秋田県は2日、新型コロナウイルスに感染した人が新たに県内で2人確認されたと発表した。2人は今月から大館市立総合病院で勤務予定だった20代男性研修医と、都内から由利本荘保健所管内の実家に帰省していた10代女性。研修医は病院内に立ち入っていないため、市立病院は通常通り診療を継続している。県内の感染者は計9人となる。
 
 県によると、研修医は学生だった先月9~17日、旅行でスペインとフランスに滞在。18日に青森県内の自宅に戻り、4月から市立病院で勤務するため、25日に大館保健所管内へ転居した。

(全文 774 文字 / 残り 528 文字)