軽症者は自宅やホテルで療養 借り上げ費、補正予算へ盛り込み

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
厚生労働省などが入る中央合同庁舎第5号館=東京都千代田区霞が関
厚生労働省などが入る中央合同庁舎第5号館=東京都千代田区霞が関

 厚生労働省は2日、新型コロナウイルス感染症の軽症者や症状が出ていない感染者を巡り、状況によっては自宅や自治体が借り上げたホテルで療養してもらう考えを明らかにした。ホテルの借り上げ費用に関し、政府は新型コロナの緊急経済対策の財源を裏打ちする補正予算案へ盛り込む方向だ。

 入院患者で症状が改善した人の退院基準も見直して緩和する方針。病床不足による医療崩壊が懸念されている状況を踏まえ、重い患者を優先して対応する。3日にも具体的な内容を自治体に通知する。