竿燈、13日に可否判断 実行委「他の祭りも判断基準に」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、秋田市竿燈会の鈴木文明会長は2日、8月3~6日の秋田竿燈まつりについて、今月13日の市竿燈まつり実行委員会総会で開催可否を判断する意向を示した。

 鈴木会長は「開催したいが、先が見通せない。感染の広がりを心配している」と話した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 528 文字 / 残り 396 文字)

秋田の最新ニュース