コロナで困っている企業に力を 県商工団体連合会が県に要望

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
堀井副知事に支援を要望した県商工団体連合会の小玉会長(左)
堀井副知事に支援を要望した県商工団体連合会の小玉会長(左)

 秋田県内の中小零細企業や個人事業主約600事業所でつくる県商工団体連合会(小玉正憲会長)は2日、新型コロナウイルスの影響で事業所の売り上げが激減しているとして、人件費や家賃など固定費への補助や個人事業主への休業補償など10項目を県に要望した。要望を受けた堀井啓一副知事は県独自の対策を急ぐ考えを示した。

 小玉会長らが県庁を訪れて堀井副知事に要望書を提出し、日本政策金融公庫や県の融資制度について「借りても返せないので、借りられないという事業主が多い。困っている人たちに手を差し伸べてほしい」と訴えた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 621 文字 / 残り 370 文字)

秋田の最新ニュース