桜色のどぶろくで花見気分 きみまち阪公園開花に合わせ発売

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
きみまち阪県立自然公園の桜開花に合わせ発売するピンク色の「きみまちの詩」を手に取る伊藤さん
きみまち阪県立自然公園の桜開花に合わせ発売するピンク色の「きみまちの詩」を手に取る伊藤さん

 きみまち阪県立自然公園(秋田県能代市二ツ井町)の桜から分離した「秋田美桜(びざくら)酵母」で造ったどぶろく「きみまちの詩(うた)」を製造販売している伊藤謙商店(同)が、きみまち阪公園の桜開花に合わせてピンク色の「きみまちの詩」を発売する。紅こうじで色付け、明るい春をイメージした。

 秋田美桜酵母は、2000年に県総合食品研究センター(秋田市)が、同公園の桜からビール醸造用の酵母として分離。伊藤謙商店は15年にどぶろく製造免許を取得し、美桜酵母と地元二ツ井産の「めんこいな」を使って、藤里町の「白神山水」の原水で仕込み、「きみまちの詩」を製造している。

(全文 509 文字 / 残り 232 文字)