突然の事態、地域に広がる不安 由利組外来、15日まで休診

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
職員の新型コロナウイルス感染を受け休診する由利組合総合病院
職員の新型コロナウイルス感染を受け休診する由利組合総合病院

 職員の新型コロナウイルス感染を受け、由利組合総合病院(秋田県由利本荘市川口)は、4日から15日まで外来診療を休診することを決めた。多くの患者が訪れる地域の中核病院の突然の事態に、住民からは不安の声が漏れた。

 「今月も通院の予約を入れていたが、どうなるのか」。ニュースで外来休診の一報を知ったにかほ市平沢の70代男性はそう話した。2年前に肺を患って入院。その後も月に1度のペースで通院している。服用している薬は数日分しか残っておらず、戸惑いを隠せない。

(全文 809 文字 / 残り 583 文字)