「地域経済に貢献したい」 秋田洋上風力発電・岡垣社長に聞く

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
取材に応じる岡垣社長=3月31日、秋田市大町の秋田洋上風力発電本社
取材に応じる岡垣社長=3月31日、秋田市大町の秋田洋上風力発電本社

 秋田、能代両港湾区域で商業用洋上風力発電事業を実施する特別目的会社「秋田洋上風力発電」は1日、本社を東京から秋田市に移した。同社は丸紅を筆頭に大林組、東北電力のグループ会社「東北自然エネルギー」、秋田銀行など13社で構成。岡垣啓司社長(49)が取材に応じ、建設工事や発電所の運転、保守に地元企業を起用する考えを示した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 893 文字 / 残り 733 文字)

秋田の最新ニュース