時代を語る・川村忠(25)意思集約に悪戦苦闘

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
改築オープン直後の秋田市民市場。大勢の買い物客でにぎわう=平成14(2002)年12月5日
改築オープン直後の秋田市民市場。大勢の買い物客でにぎわう=平成14(2002)年12月5日

 平成10年代、秋田市民市場には160余りの個別商店が集まり、それぞれ事情を抱えていました。売り上げの増減、店主の高齢化、後継者の有無など、どれ一つを取っても店にとっては重大事です。市場改築の必要性は理解しつつも、自己負担を伴う話にはなかなか踏み切れないのも分かります。

 出資金の支払いを渋っていた人たちもそうなのでしょう。でも入店するなら、やはり出してもらわなければなりません。出資金が集まらないと建て替えはできませんから。

(全文 753 文字 / 残り 540 文字)

この連載企画の記事一覧