ニュースの「つぼ」:新型コロナPCR検査 結果判明なぜ夜間

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
検体から遺伝子を抽出する職員(県健康環境センター提供)
検体から遺伝子を抽出する職員(県健康環境センター提供)

 新型コロナウイルスの感染が県内でも相次いでいる。3日午後5時現在判明したのは計10人。このうち8人は夜間に陽性であることが確認され、県などの記者会見はさらに遅い時間帯にずれ込んだ。最も遅かった3、4例目のケースでは会見が始まったのは午後10時半。なぜ、いつもこんな時間になるのだろうか―。

 「意図的に遅くしているわけではないですよ。一刻も早く県民に結果を伝えようと精いっぱいやっている」。県内8保健所から運ばれてくる検体のPCR検査を担う県健康環境センター(秋田市千秋久保田町)の斎藤博之・保健衛生部長(医学博士)は話す。

(全文 1039 文字 / 残り 777 文字)

この連載企画の記事一覧