作家のC・W・ニコルさんが死去 環境活動家、長野の病院で

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
死去したC・W・ニコルさん
死去したC・W・ニコルさん

 作家で環境保全活動家としても知られるC・W・ニコルさんが3日午前10時57分、直腸がんのため長野市の病院で死去した。79歳。英国出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻のニコル真理子(まりこ)さん。後日、お別れの会を開く予定。

 1940年、ウェールズ生まれ。17歳でカナダに渡り、海洋哺乳類の調査研究に従事。北極探検にも10回以上出かけた。60年代に空手の修行のため初めて来日。日本の自然に魅了され、80年に長野県へ移住した。

 執筆活動の傍ら、長野県内の荒れた里山を購入して「アファンの森」と名付け再生活動を進めた。

 著書に「勇魚」「風を見た少年」など。