習氏、コロナ感染死者に黙とう 中国で哀悼行事、批判回避狙う

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新型コロナウイルスによる死者を哀悼し、地下鉄の車内で黙とうする市民ら=4日、北京(新華社=共同)
新型コロナウイルスによる死者を哀悼し、地下鉄の車内で黙とうする市民ら=4日、北京(新華社=共同)

 【北京、上海共同】中国政府は4日、習近平国家主席ら最高指導部が新型コロナによる死者に黙とうをささげるなど、全国で哀悼行事を実施した。感染症との闘いが終わりに近づいているとアピールした形。死者を供養する祭日「清明節」の4日に犠牲者を悼む姿勢を示し、初期対応への批判をかわす狙いもありそうだ。

 政府発表による3日時点の中国本土の死者は3326人。最近は国内感染がゼロの日も多いが、海外からの感染者流入は続いている。国営中央テレビによると、習氏らは共産党の中枢である北京の中南海で午前10時に黙とう。死者が最多の2567人に上る湖北省武漢市でも広場で人々が追悼した。